当美術館について

 美しい絵画は、心を癒し、豊かにしてくれます。日本画は、日本人の感性にあった繊細な色使いで観るものを魅了します。男性の多い日本画壇のなかで、女性画家としてご活躍の池田啓子先生と谷村能子先生の作品を展示しています。両先生とは、多くの方のご縁でつながり、そして、お二人の作品との出会いから、また多くの方々とのご縁が結ばれました。池田先生は、日本画壇の重鎮である上村淳之先生の唯一のお弟子さんであることから、直筆のお手紙をいただきました。身にあまる光栄です。

 両先生の作品はすべて原画です。エヴァモア美術館でしかご覧いただけない、本物の絵の美しさ、大きさ、作品から伝わるオーラを間近で観て、五感で体感していただければと存じます。

 エヴァモア美術館は、今後、企画展として平山郁夫先生や東山魁夷氏、ジャン=ピエール・カシニョール氏など有名な方々の作品のリトグラフ展も随時開催してまいります。

エヴァモア美術館  館長  沼沢 正則

■EVER MORE美術館のロゴマークについて

  EVER MORE美術館のロゴマークには

・雪深い新庄市の雪の結晶をあしらっています。

・新庄市から空が澄んで晴れた日には見える出羽の富士といわれる

 ”鳥海山”が描かれています。

 雪と暮らし、鳥海山を眺めて春のおとづれをつげる心字雪渓を待ち望んで暮らした東北の日本人の心を描いた美術館です。

〒996-0041  山形県新庄市鳥越駒場1488-109

tel.0233-29-8870  tel.0233-22-2137(本部)  fax.0233-29-8860

e-mail.info@numazawa.co.jp   http://www.evermore-s.art

 

Copyright(C) 2019 NUMAZAWA all rights reserved.