企画展 | zoon. 3

「慈悲と幸福の画」

ジャン=ピエール・カシニョール

日本で受け入れられ、
フランスで花咲いた画家

 カシニョールは1935年、17歳の時、パリ画壇で鮮烈なデビューを果たし、世界的なアーティストとしての地位を不動のものとしました。カシニョールは画家と、リトグラフの作家であることを兼ねており、繊細な技術をマスターした多才な作家でもあります。

 パリの専門誌に「奇妙なこと」と述べて、パリで生まれたフランスの画家、カシニョールは、「真っ先に日本で大きく受け入れられてから、アメリカを経由してフランスへと、その存在を知らしめることになりました。

 そして描かれた内容はいつの場合も身近にあるような公園、花々、海などがエレガントな女性と組み合わされ、今日の風俗画のような類のもののように見えてはいるが、そうとは呼べない夢のような世界を醸し出しており、それが人々をおしなべて慈悲と幸福の感情に浸らせるようなところがあります。今回はリトグラフを展示します。この機会にぜひご覧ください。

つるばら

シルバーフォックス

月曜日の朝

あじさいとオード

カサブランカ

秋の色

プロフィールとリラ

マリアンヌ

ドォービルのあじさい

展示zoon.1 常設展  谷村 能子氏

展示zoon.2   常設展  池田 啓子氏

〒996-0041  山形県新庄市鳥越駒場1488-109

tel.0233-29-8870  tel.0233-22-2137(本部)  fax.0233-29-8860

e-mail.info@numazawa.co.jp   http://www.evermore-s.art

 

Copyright(C) 2019 NUMAZAWA all rights reserved.